ExpertOptionでハラミ柄でトップスとボトムスをキャッチする方法

ExpertOptionでハラミ柄でトップスとボトムスをキャッチする方法

ハラミパターンは日本のローソク足チャートにあります。日本語での名前は妊婦を意味します。それは2つの連続したろうそくの形をしており、1つは大きく、もう1つは小さくなっています。このパターンは、トレンドの変化の可能性を示しています。

ExpertOptionでハラミ柄でトップスとボトムスをキャッチする方法
ハラミローソク足パターン

ハラミパターンは、すでに述べたように、キャンドルのペアで構成されています。それは通常、現在の傾向が終わりに近づいていることを宣言します。

最初のハラミキャンドルは長く、上昇トレンドの場合は緑色、下降トレンドの場合は赤色になります。

2番目のハラミキャンドルは短く、最初のキャンドルとは反対の色です。これは、上昇トレンドがあった場合は短い赤みがかったろうそくになり、下降トレンドがあった場合は短い強気のろうそくになることを意味します。

ExpertOptionでハラミ柄でトップスとボトムスをキャッチする方法
ハラミは妊婦を意味します

原見模様を読む

継続的な傾向では、キャンドルは同じ色です。長いろうそくがあるとき、傾向は強いです。しかし、異なる色のろうそくが現れるときはいつでも、それはトレンドの変化の合図である可能性があります。原見柄では、この反対色のキャンドルが以前よりも大幅に短くなっています。さらに、それは通常、以前に作られたものの体内で展開します。ハラミキャンドルに気付くたびに、トレンドが逆転する可能性が非常に高くなります。もう1つの選択肢は、市場が前者の方向に進む前に避けられない価格修正です。

ExpertOptionプラットフォームでのハラミパターンとの取引

ExpertOptionでハラミ柄でトップスとボトムスをキャッチする方法
IBM日足チャートの原見

不確実性のため、原見キャンドルがトレンド反転または価格修正を表す場合、長期取引には説明されたパターンを使用するのが最善です。上記のグラフの例では、選択された時間枠は1日です。ポジションに入る最も合理的な瞬間は、3番目の緑色のキャンドルの開発です。そのろうそくは、トレンドが上がることをはっきりと示しています。取引間隔は1日である必要があります。

これで、ハラミパターンについて必要な知識が得られたので、それを実践する時が来ました。実際に使用する前に、無料のExpertOptionデモアカウントで試してみてください。リスクのない戦略はなく、途中で損失を被る可能性が高いため、取引には細心の注意を払ってください。計画どおりに進まないことに対処する準備を常にしてください。

ご連絡をお待ちしております。以下のコメントのセクションをご利用ください。

Thank you for rating.
コメントを返信 返信をキャンセル
お名前を入力してください!
正しいメールアドレスを入力してください!
コメントを入力してください!
g-recaptchaフィールドは必須です!

コメントを残す

お名前を入力してください!
正しいメールアドレスを入力してください!
コメントを入力してください!
g-recaptchaフィールドは必須です!